YAMAHA 31EX Laguna Boys [ラグナボーイズ] のあるクルーのつぶやき

約15年ぶりにヨットのクルーに。滋賀県にあるマリーナ雄琴のYAMAHA 31EX lagunaboyさんのクルーとして乗せて頂くことになったクルーのつぶやき。

2011年03月

2011年マリーナ雄琴カップレース(春)のLagunaBoysの動画一覧

以前は、動画撮影するのにビデオカメラを持ち込んで撮影しなければ、という動画も最近では、デジカメや携帯電話で簡単に撮影出来る環境になんたので、今回もLaguna Boysの船内での動画がいっぱい送られてきたので紹介します。
この動画を見てあらためて、自分自身の失態がいっぱいバレてしまっている。

レース中の一部始終。Laguna Boysの船内の実態


まずはダイジェスト版の動画。なんと8分58秒。

[動画のみどころの紹介]

0:00 - 2:10
スタート時の様子。5分前のフォーンが小さくて「なったか?」などと言いながらスピンをどのタイミングで揚げるか?
結局スピンを使わないままスタート後北上。

2:10 - 2:40
個人的にこのシーンに注目!
北の雄琴観測塔を回航した先行集団のレース艇とすれ違うシーン。
みんな回航後のスピンアップとセールダウンで、普通のクルージングでは聞く事のない罵声が船内で飛び交っている。
これがレース艇船内の緊張してしまう一瞬でもある。
そのシーンを横目にLaguna Boysはこれから雄琴観測塔を回航

2:40 - 3:40
Laguna Boysが雄琴観測塔を回航。そしてジャイブ。
先行しているLaguna Boysと同じクルージング艇のSEA RUNNER(Y-30CⅡ)さんはすでにスピンラン。

3:40 - 5:50
ここからスピンアップのシーンである。スピンアップ後、スピンポールからガイシートがはずれてしまった。
フォアデッキクルーのリカバリーが心配になり、スピントリマーがシートを持ちながら前に行って、なんとかセット完了。
しかし、フォアガイを引く物もいなくポールがなねあがったり、ガイシート引く物もいなかったりして、バウマンがポールにぶら下がりながらぶっ飛ぶシーンも。
と大変おそまつなリカバリーであった。
このスピンアップが多少のタイムロスになった感じもある。

しかし、そもそものポールからガイシートがはずれた原因は自分が作ったのかも?
この動画に撮影されてないが、スピンセットをポートからスタボーへ変更作業をしている間にポールアップしようとすると上がらない。だれもクルーがいないので前に行くとポールのトッピングとフォアガイがなぜかねじれてからんでいたので、直してポールアップしてコックピットにさがった。
この時に、ポールにガイシートがきちんとついている事を確認していなかった。
今回のスピンアップのトラブルは、そもそもこの確認ミスが原因となったようである。
皆さん、大変申し訳なかったです。(ペコ)

※特にこのシーンは、いろいろと反省箇所が多すぎてあまり公開したくないシーンです。
まぁ、今後のためにはなりますが。。。。


5:50 - 7:50
Laguna Boysの東側にTheONEさんとMORE MOREⅡさん。西側のSEA RUNNER(Y-30CⅡ)さんをなんとかオーバーラップすることろ。
この時間帯が動画をご覧の通り、船内は和やかな雰囲気に。

7:50 - 8:58
ゴール前のシーン

こんな感じで船内の実態が公開。


ダイジェスト版の動画 [8分58秒]




2011年雄琴カップ(春) ---いざ出港!





2011年雄琴カップ(春) ---スタート前のセッティング


 


2011年雄琴カップ(春) ---スタート






2011年雄琴カップ(春) ---スピンラン


 


 


 



2011年マリーナ雄琴カップレース(春)なんと初めての入賞4位。同時にちゃんと震災募金も!

2011/03/27(Sun) にマリーナ雄琴カップレース(春)に参加致しました。
前日の強風で心配された風も6ノット程度の風で天候は晴れ。参加艇は今回16艇。

みんないつものレースよりも集合時間を早くして、今回初めて船内のクルージングようの荷物をすべて降ろした。

コースは、マリーナ雄琴の南よりスタート後、北の雄琴観測塔を反時計回りした後、南に向かい草津観測塔を時計回りし、マリーナ雄琴沖でゴールというコースである。

(PS)
今回初めて聞いた言葉の説明。
時計回りの事を「クロック」、反時計回りことを「アンクロック」という表現をされていました。
覚えておこう!

参加メンバーは、オーナーとクルー6名とコーチのほかに今回セールメーカーの村山さんに乗って頂き、合計9名になった。

クルー3人分ぐらいの船内に入っていた荷物を下ろすと、早々と出港。

20110327_00
 

その後、セールを揚げて、今回の目的でもある村山さんにセールのセットアップを見て頂く。

そして、いよいよスタート地点へ。



ちょっと出遅れれたスタート

スタート地点での風は、南西の風4〜6ノット程度。本部艇付近に集団がある中、マーク側からのスタートを狙い、すぐにスピンの用意。


まわりの艇でもいきなりスピンを揚げ出した。

20110327_01
 

しかし、スタート前に風が振れてきてクローズで走るようになった。
そのため、速度が思うように上がらず出遅れる。本部艇からのスタートした艇が先行し、北の雄琴観測塔へ。
しかし、LagunaBoysも観測艇回航時には、順位は真ん中あたり。
先行しているレース艇が回航後、スピンを揚げている。レース艇さながらの罵声が聞こえてくる。特にどの艇とは言いませんが。 

回航後、先行艇が東に行く中、LagunaBoysが回航後すぐにジャイブで西へ。

ポート側でスピンをセットアップしていたため、スタボー側へのセットアップの変更に手こずる。しかし、ジェノアでそれなりの速度が維持出来たのが助かり、なんとかトラブルがありながらもスピンアップ完了!

東側の艇が失速している中、西側は結構走っている。でも角度は東側が良さそう?

しかし、前にLagunaboysと同じジブファーラーのクルーザー艇が先行していた。
東側を走っているレース艇を抜かし、その後,そのクルーザー艇も抜かしていく。
「すごい!」

この時点で、LagunaBoysの師匠艇であるmugenさんを抜かしていることに気がつき、みんな驚いてました。

まして前にだれも走ってない。LagunaBoysでのレースでこんな体験はみんな初めてである。
みんな一同に「ここでゴールにならないものか?」
「記念写真を!」とちょっと緊張がなくなり、多少和やかな雰囲気に。

しかし、その後、東側のレース艇が 追い越して行き,草津観測塔を前で回航していく。
さすがにレース艇は、早い。

ゴールへ向けてのクローズホールド。着順6位でゴール

草津観測塔を回航後、ゴールまでの上りレグ。
一応、LagunaBoysと同じクルーザークラスの艇をマークしながら走ることを優先して、結果その艇との差が空いて来たころには、さすがにレース艇のmugenさんが追い上げてこられて、何度かクロスする。

LagunaBoysがポートで、スタボーのmugenさんにクロスする時、「前に行ってもいいですか?」と言うと、容赦なく「No!」
でも、なんとか行けそうなんで、強引に行かしてもらいました。

※クロスでは、スタボー艇が優先でポート艇はスタボー艇の進路を妨げていけない。


といったバトルが有りながら、最終ゴールで負けてしまう。
mugenさん着順5位。LagunaBoysは6位でした。

しかし、こんなレース展開になるとは、誰も想像してませんでした。
結果、今までで一番白熱した楽しいレースでした。

もちろん、珍しくみんなゴールまでノンアルコールでした。

表彰式での結果発表は、レーティングでなんとmugenさんを越えて4位と言う結果で、はじめての入賞記念品を頂く。
今までの特別賞とがんばる像賞しかなかったLagunaBoysの初めての入賞トロフィーゲット。

20110327_05 20110327_06
  

 

オーナーさんは、4位の入賞トロフィーゲットと同時に、震災の募金箱に募金させて頂きました。

今回のレースはチャリティーレースという事で、6位までの入賞トロフィーがあるだけで、副賞および参加賞は一切なしで、その費用をマリーナ雄琴さんから震災募金に募金することになるというチャリーティーレースである。もちろん参加者の方々の募金を!

(PS)
私は、募金するの忘れてました。
次回、ハーバーに行った時に必ず募金させて頂きます。


mugenのオーナーさんからのブログにコメントを頂きました。

負けました。
mugenは、Laguna Boysさんに負けました。
残念です。4月24日のOYCでは頑張りますよ。
多田さん、受けて下さいよ。
傷心のまま、明日から九州出張です。あーあ。



megenのオーナーさん!心暖かいコメントありがとうございます。
今回のLaguna Boysの結果は、有能な助っ人様のおかげです。

しかし、次回からセールのメーカーの方も乗られませんし、コーチもこれからミドルボートで忙しくなられるようで、これからは助っ人なしで アルコールOKでレースに挑まなければなりません。次回コーチに乗っていただけれる日までに各クルーのレベルアップも必要です。
がんばって、今回のレースのようにまたmugenさんとバトルが出来るようにがんばりますのでよろしくお願い致します。

mugenのオーナーさん!
ご心配されなくても、次回の4月24日のOYCチャリーレースは、受けてたつほどの事ではないですよ。

(PS)
今回のレースでやっぱり荷物は降ろした方がいいのでは?っと学びました。Laguna Boysに荷物は半端じゃないですから。
続きを読む

サイドステイのテンションをテンションゲージで計測

マリーナ雄琴カップレース(春)が、明日開催される。
先日、Lagunaboysのマストチューニングでサイドステイの調整をしたことで、いつもお世話になっているmugenのオーナーさんが、
「今日ハーバーでいろいろとメンテナンスしているので、来られたらマストゲージと、テンションゲージをお貸ししますよ!」
と言って頂き、今日仕事の合間にマリーナ雄琴に行ってきました。

明日クラブレースがあるためか、寒いのに意外にも出港しているヨットが多かった。

ホームセンターでブルーシートが売り場から消えている


明日のレースは、Lagunaboysのクルージング用のものをすべて降ろすことに今回なったので、降ろした荷物をブールーシートに包んで置いておこうと思い、ハーバーに行く前にブルーシートを買いにホームセンターに行くと、なんとブルーシートの棚から商品が消えていた。
それも、大きいサイズのものは一切なく、小さいサイズのものが端の方にちょっと残っていた。

ハーバーでこの話をしていると、ポリタンクも今手に入らなくなっていると言う事を聞いた。

これも震災の影響か?

昨日は、先日報道された水道の水問題の影響で、関西でも今ミネラルウォーターが売り切れで手に入らないと言うことをお客さんから聞いた。

無駄な買い占めはしないでほしいものである。


サイドステイのテンションは、意外にバッチリであった。


先日マストチューニングで、サイドステイ調整をしたが、テンションゲージがなかったので計測はしなかったので、今回お借りしたテンションゲージで測定した。

315096_w
 

[サイドステイのテンションゲージの数値]
※1.5mの位置で測定

アッパーステイ / ミドルステイ / ロアーステイ 

(ポート側)
38 / 4 / 22

(スタボー側)
38 / 4 / 26

と意外にバッチリ。このデータをベースに今後修正をしながらデータを作っていかなければ。

今日は、一人だったので測定だけあるが、明日にロアーステイ の修正だけですればよい。
また、明日の出航前の調整であれば時間がないので、無理にロアーステイ 調整しない方がいいかもしれない。
そんな感じであった。

また、この数値もあくまでも目安であり、今回のテンションゲージでの測定も多少いい加減な感じもするが。。。。
測定時に微妙な引き角度などで、測定毎に数値が変わることも。
今回の数値はあくまでも、その計測数値の中で一番確かそうな数値である。

mugenのオーナーさん
「マストゲージと、テンションゲージちょっとの間お借りいたします。」

続きを読む

琵琶湖のヨットレース関係からも義援金をおくります。

3月より例年のヨットレースがはじまって、これからという3月11日に起こった東北関東大震災。
その影響で、各種イベントなどの中止に伴い、ヨットレースの中止の決定がおこなわれているが、数日前にOYCから当面のヨットレースに関してのご連絡メールが届いた。

内容は、下記の通りである。


3月11日に起こった東北関東大震災で未曽有の被害が発生しております。
総会において4月24日の春のOYCカップをどうするか協議した結果、「チャリティーレース」として開催することになりました。
参加艇に贈っている副賞代を義援金として送金することになりました。
また、マリーナ雄琴カップもこの趣旨に賛同していただき同様の内容で開催されることになりました。
そして両レースの間、クラブハウス内に募金箱を設置いたします。
この三者を合わせて、被災地に送金することになりましたので会員各位のご理解とご協力をお願いいたします。

4月ヨット仲間の夕食会について、ビスカのレースは延期になりましたが、この夕食会の開催趣旨は、一年のレースの始まりのひと時を、ヨット仲間が集いのお互いの健闘と懇談のために開催してきましたので、今年は中止とさせていただきましたので併せてお知らせいたします。


OYCの決定されたこの方針は、私個人の意見ではあるが大変良い事であると思う。
レースなどのイベントを自粛することよりも、レースを開催することで被災地に義援金をおくるという方針は、ヨットレース参加の方々も賛同される事と思います。

ヨットレースを開催される事でたくさんの方が集まります。そこで募金箱にも義援金が集まると思います。更にレースの副賞代金が自動的に義援金にされる。
レースに参加することで、自動的に義援金をおくることができ、同時に参加者の方々もレースを楽しめる。

これが、本来の「チャリティーレース」の考え方なのではないでしょうか?

このようにいろいろなところでの義援金への協力をしていくことが、まず私たちに今できる事ではないでしょうか。


心配されていたマリーナ雄琴カップレース(春)が昨日に開催される事に決定した

ビスカ戦のヨットレースが2戦も中止が決定された中、心配されていたマリーナ雄琴カップレース(春)が昨日に開催される事が決定した。
パーティーに関しては、こういう時期のため、自粛される予定である。

Laguna Boysでは、そのレースの1週間前の3月19日に船底磨きが予定していたが、来週のレース開催決定に船底磨きもある意味やりがいがあった。


なんと、全員で7名も集まり、船底磨きとデッキ回りに分かれて開始。

20110319_01 20110319_02
  


お昼には、オーナーさんがマリーナ雄琴のクラブハウスで「焼き肉ランチ」をごちそうして下さいました。

「ごちそう様でした。」


人数が集まったため、10時30分ごろから初めて16時00分ごろにはすべて終了し、解散となった。

「皆さん、お疲れ様でした。」




船底磨きとデッキ回りの掃除の主な内容


デッキ回りは、今回この日のために最近購入された「3Mのエフ-1」で磨く。


清掃完了後、「これから土足厳禁にしたら!」という意見がでたほど、きれいにコンパウンドで磨かれました。


船底磨きは、
まず、キールを先週の磨きの仕上げ作業。そしてラダーも同様に耐水ペーパーで磨く。
その後、吃水の下をペーパーで磨く。
今日は、時間があまりないので汚れを落とす程度で簡単に磨く。

それから、吃水上を、コンパウンドで研磨し、ワックスで終了。

皆さん,お疲れ様でした。皆さんのおかげで短時間で終了いたしました。

20110319_05
 



配管の巣よけ対策


マリーナ雄琴のクルーザー艇は陸揚げしている時に、ハルの給水用の配管をみなさんは栓をしておられた。
これが、なんの意味があるのか?もしかしてアースか?などと思っていたら、配管に巣を作ってしまうことを防止しているようである。

このゴムは、ヨット用のパーツなのか?と思っていたら、先日「YvetteII 」 のオーナーさんが親切に教えて下さいました。

ゴムは、なんと釣り竿用のゴムで、ハーバーの近所の釣具屋さんで売っているから。

「この対策をしないとこんな事になるよ」と言われました。

20110319_04
 

ちょうどトイレの給水管が13mmで一番巣を作られてしまうようである。
そのまま放置していると、クルージング中、トイレの給水管がつまって水が出ないことになる。


船底磨きの気分転換に、配管の大きさを測り、近所の釣具屋さんにお出かけして購入してきた。
そのゴムは安いものなので、大きい配管も全部取り付けをしました。
※大きい配管は、別に必要ないとも言われますが。

20110319_03
 


[クルーの皆さんへのお願い]

今回取付けたゴム栓の1つが、ポート側の後ろの方にも13mmの配管があるため、取付けています。
このゴム栓は、船台にシートで取付出来ないため、ゴム栓のシートをデッキのクリートに止めてます。

出航前に必ず、このゴム栓をデッキに引き上げて収納して下さい。

シートが流れてしまうとプロペラに絡まる可能性があります。
一応対策は考えておきますが。

よろしく、お願い致します。

続きを読む
SEO対策のご相談はレトロスタイル
Webビジネスでの売上アップのための
Webコンテンツ企画・運営と
京都のSEO対策コンサルティング
RETROSTYLE [レトロスタイル]

bnr_rs
さくらデンタルクリニック[矯正治療部門]
大阪で矯正歯科治療医院をお探しなら
天王寺駅近くさくらデンタルクリニック
矯正治療部門へ
さくらデンタルクリニック
事故車高価買取
事故車買取で車は売れます。
京都の日本カーレスキューへ
一度お電話で査定を!
日本カーレスキュー
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • ヨットも奇麗になって今週末はレース?
  • 2014 春のO.Y.C.Cup なんと4.3秒で優勝出来ず。。。。
  • 2014 春のO.Y.C.Cup なんと4.3秒で優勝出来ず。。。。
  • 2014 春のO.Y.C.Cup なんと4.3秒で優勝出来ず。。。。
  • 第16回 2013年秋のO.Y.C. Cup の「実施要綱」が公開されました。
  • 第16回 2013年秋のO.Y.C. Cup の「実施要綱」が公開されました。
  • 6月23日は、ミドルボートクラブあじさいレースに参加しました。
  • 6月23日は、ミドルボートクラブあじさいレースに参加しました。
  • 辛坊治郎さんのヨットで太平洋横断が宮城沖で浸水。「ヨットを放棄するしかない」との電話連絡
  • 辛坊治郎さんのヨットで太平洋横断が遂にスタート
  • 今年も第11回P&Bカップディンギーレース
  • ちょっとだけ、今週もメンテナンス。
  • ちょっとだけ、今週もメンテナンス。
  • ちょっとだけ、今週もメンテナンス。
  • ちょっとだけ、今週もメンテナンス。
  • ヨット磨きとメンテナンスの日。思わぬ発見、キールがじぇじぇじぇ!
  • 遂にスタンチューブを交換することに。。。。
  • 遂にスタンチューブを交換することに。。。。
  • ホワイトセールレガッタ 第1戦は、着順10位の修正7位
  • 今年もこの季節がやってきました。OYCの「ヨットで泊まろう会」
  • O.Y.C.のトロフィーに「Laguna Boys」のリボンが懸かりました。
  • 海上でのSOSは、118番
  • KOKOROで行われた先日のLagunaBoysのO.Y.C.cup 優勝の祝勝会
  • KOKOROで行われた先日のLagunaBoysのO.Y.C.cup 優勝の祝勝会
  • KOKOROで行われた先日のLagunaBoysのO.Y.C.cup 優勝の祝勝会
  • KOKOROで行われた先日のLagunaBoysのO.Y.C.cup 優勝の祝勝会
  • O.Y.C Cup優勝の感謝を込めて船底磨き
  • O.Y.C Cup優勝の感謝を込めて船底磨き
  • 第16回ヤンマーマリーナカップが今年も5月11日の土曜日に開催
  • 念願のOYC Cup優勝であのデカイトロフィーを。しかし。。。。。
  • 念願のOYC Cup優勝であのデカイトロフィーを。しかし。。。。。
  • 念願のOYC Cup優勝であのデカイトロフィーを。しかし。。。。。
  • 念願のOYC Cup優勝であのデカイトロフィーを。しかし。。。。。
  • 沖島へのお花見クルージング
  • 沖島へのお花見クルージング
  • 沖島へのお花見クルージング
  • 明日7日のBSCA第2戦「さくらカップ」は、開催が心配される。
  • いよいよ第15回 2013年春のO.Y.C. Cup の「実施要綱」が公開されました。
  • 2013年春の「マリーナ雄琴カップ」が今シーズンの初レース
  • 2013年春の「マリーナ雄琴カップ」が今シーズンの初レース
  • 2013年春の「マリーナ雄琴カップ」が今シーズンの初レース
  • 3月24日は、毎年恒例のマリーナ雄琴のクラブレース「雄琴カップ」
  • スキーショップ BUM SPORTS が3月末日で閉店
  • 2013琵琶湖&敦賀湾クルーザーレーススケジュール
  • 琵琶湖ミドルボートクラブ第1戦の「ニューイヤーレース」は、急遽エントリーをキャンセルに
  • 琵琶湖ミドルボートクラブ第1戦の「ニューイヤーレース」は、急遽エントリーをキャンセルに
  • 琵琶湖ミドルボートクラブ第1戦の「ニューイヤーレース」は、急遽エントリーをキャンセルに
  • 今週末は、今シーズン初めてのヨットレース「琵琶湖ミドルボートクラブレース」
  • KAZIの2013.2月号に昨年の竹生島ヨットレースのレポート記事が掲載
  • KAZIの2013.2月号に昨年の竹生島ヨットレースのレポート記事が掲載
LagunaBoys2011年度参加予定レース
2011/03/06(Sun)
  琵琶湖ミドルボートクラブレース
2011/03/27(Sun)
  マリーナ雄琴カップレース(春)
2011/04/24(Sun)
  第11回 春のO.Y.C CUP
2011/05/14(Sat)
  第12回ヤンマーマリーナカップ
2011/05/22(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第1戦
2011/06/26(Sun)
  琵琶湖ミドルボートクラブレース第3戦
2011/09/04(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第2戦
2011/09/25(Sun)
  第11回 秋のO.Y.C CUP
2011/10/09(Sun)-10(Mon)
  竹生島ヨットレース
2011/10/23(Sun)
  マリーナ雄琴カップレース(秋)
2011/11/13(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第3戦
2011/11/19(Sat)
  第13回ヤンマーマリーナカップ
LagunaBoys2011年度参加レース結果
2011/03/06(Sun)
  琵琶湖ミドルボートクラブレース
DNS(着順6位)(参加7艇)
2011/03/27(Sun)
  マリーナ雄琴カップレース(春)
4位(着順6位)(参加16艇)
2011/04/24(Sun)
  第11回 春のO.Y.C CUP
2位(着順7位)(参加23艇)
2011/04/24(Sun)
  2011年ミドルボート第2戦
2位(着順5位)(参加9艇)
2011/05/14(Sat)
  第12回ヤンマーマリーナカップ
4位(着順5位)(参加7艇)
2011/05/22(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第1戦
不参加
2011/06/26(Sun)
  2011年ミドルボート第3戦
6位(着順7位)(参加8艇)
2011/09/04(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第2戦
台風12号の接近に伴い中止
2011/09/25(Sun)
  第12回 秋のO.Y.C CUP
14位(参加21艇)
2011/10/09(Sun)-10(Mon)
  竹生島ヨットレース
13位(着順13位)(参加20艇)
2011/10/23(Sun)
  マリーナ雄琴カップレース(秋)
クルーザークラス2位(参加10艇)
2011/11/13(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第3戦
4位(着順7位)(参加26艇)
2011/05/14(Sat)
  第13回ヤンマーマリーナカップ
中止
FaceBook
プロフィール

Macky

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ