YAMAHA 31EX Laguna Boys [ラグナボーイズ] のあるクルーのつぶやき

約15年ぶりにヨットのクルーに。滋賀県にあるマリーナ雄琴のYAMAHA 31EX lagunaboyさんのクルーとして乗せて頂くことになったクルーのつぶやき。

2011年02月

だんだん暖かくなってきたクルージング。でもクルージング前にトラブル!

2011年2月26日(土)天候のよくクルージングの集合があった。
来週のミドルボートクラブレースの練習もかねて、久しぶりにスピンの練習もしなければっと言う事で。

前日大阪から最終電車で帰って来てちょっと仕事をしながら寝てしまい、朝寝過ごしてしまう。
集合時間の10時にちょっと遅れて到着すると。。。

このような状況の時、いつもはクラブハウスでビールでも飲みながら待っておられるのに、今日はクラブハウスに荷物を置かれたままで、だれもおられない。

20110216_01 20110216

http://www.weathermap.co.jp/kishojin/diary.php?ym=201102

ラジコンヘリコプターのデビュー。でもいきなりトラブル発生。



ちょっとすると、みんながクラブハウスに帰って来られた。

聞くと、さっきまでクラブハウスの前の広場で、ラジコンヘリコプターをされていたようです。
でも、ラジコンのコントローラーを持っておられるのに、本体のラジコンがない?

なんと、ラジコンヘリコプターを飛ばしていた時にラジコンの電波を受信しなくなり、クラブハウスの前の広場の上空から突然暴走して、ヨット置き場を越えて勝手にどこかに飛んでいったそうである。

オーナーさんが帰って来られて
「どこ行ったかわからん?」と。。。。。

すると、クルーの一人が、
「隣の家に庭に落下しているのを発見しました」と。。。。

とりあえずクルージングから帰ってから取りに行くとにしてクルージングに出かける。

クルージングから帰ってからクラブハウスでコーヒーを飲んだ後,朝の落下したヘリコプターを救助に。

なんと無事救助。しかし、ボディーが多少破損していたが飛行には問題はなさそうである。

今度からラジコン電波の届く範囲を把握して安全飛行を。

しかし、こんな事があるから、もっと高級な電波の強いラジコンヘリコプターがまた欲しくなるのかもしれませんが。
これが、メーカーの思うつぼかも知れません。

(PS)
ラジコンのコントローラーのアンテナもクルージング中、船内で落下してアンテナが折れるというトラブルも。


今日のクルージング中のお昼ご飯は、ボルシチを作って下さいました。

天候もよく、ハーバーを出ると風もそこそこでほぼ東の風で5ノット〜10ノット程度。
琵琶湖大橋を越えるとすぐにセールアップ。

当初風は、7ノット程度の風。しかし最近のセールングでは、風がある方である。
そのまま北上している間、清水さんが圧力調理鍋を持参されて今日のお昼ご飯の仕込みを。

ボルシチの具材にジャガイモの皮剥いて仕込み。また牛肉も炒めて。。。。
仕込み完了してキャビンに上がって来られた。

その後、そろそろ南向いてスピンを揚げてお昼でも?
スピンを揚げたが、意外に風は3ノット程度におちる。

まぁちょうどいいのでスピンでのんびり走りながら昼ご飯を。


これが、食べた残り。。。。

20110216_02 20110216_03

清水さん、ごちそう様でした。

その後、北の方に風がありそうのでスピン下して、機走でまた北上する。
10ノットオーバーの風があり、またもやクローズホールドでセーリング。

しかし、なぜか今日はスピードが思うように上がらない?謎である。


その後、スピンを揚げて帰路へ。
途中、ジャイブに失敗してスピンを絡ませたので回収して、機走で16時30分ぐらいに帰港。

久しぶりに風のあるセーリングで帰った今は、ちょっと筋肉痛。


今日のメンテナンス

来週レースなので、シャフトのマーキングをしたついでにスタンチューブのグリス補充。

また、帰り際にビルジをチェックすると、多少水が溜まっていた。
スタンチューブのあたりからの水漏れも一切ない。

おそらくヒールした時にどこからか水が入ってきているのであろう?これも謎である。
前回のクルージングでは、デッキに水がかぶるようなヒールがなかったので、ビルジに一切水が溜まることはなかったので、多分ヒール時のデッキにかぶった水がどこからか。。。。


続きを読む

オーナーさんが今夢中になっているヨットではなく、ラジコンのヨットとヘリコプターの話

オーナーさんの会社に行くと、昨年ヨットレースで獲得した特別賞の置物とがんばる像賞といっしょにヨットの置物がある。
さすが、ヨットのオーナーさんらしきディスプレーである。

yacht_02


しかし、よく見るとちょっと安っぽい(?)ヨットの置物である。

実は、このヨットの置物ではなく、ラジコンのヨットである。
最近のオーナーさんのご自慢の一品。

ヤフーオークションで数千円の安さで落札されたそうである。もちろん新品。

なんと、メインセールとトップセールがリモコン操作で電動で動くようである。
キールの先端にはおもりが付いており、ちゃんとキールの役割をはたし、転覆しないようになっている。

そして、アメリカンズカップ出場艇のようにこの大きさで機走用のエンジンもプロペラもない。
本格派のレース艇仕様である。

じゃぁ風がなくなったりして、戻って来れなくなったは時は?

ご心配なく。

なんと、ラダーの上あたりに扇風機のようなプロペラがある。
このプロペラを回すことによって風をおこし、走らすようである。
あくまでも緊急時に使用するためのものである。

yacht_01


風がなくなった時の緊急時、このプロペラの風でちゃんと動くのか?
また、動いてもちゃんとセールトリムをしないと戻ってこれないような?

おそらく、本格的なレース仕様のヨットだけに抵抗がほとんどないから、結構走るのかもしれない?

しかし、素人的な考えでは、抵抗があっても水中プロペラでゆっくり走らすほうが面白いかも?

これだけは、実際琵琶湖で一度走らしてみないと何とも言えない。

先日、マリーナ雄琴の専務さんにクラブハウスでこの話をしていたら、
「そんなに安いラジコンには欠点がある。ラジコンの無線電波があまり届かないのでは?
電波の届く範囲を越えてしまうと、一切ラジコンのコントールが効かなくなり、勝手に走って行ってしまう。」っと言われた。

ようするに、回収不可能に。。。。なるほど。


このラジコンヨットの水進式は、いつであろう?


ラジコンヨットの他にラジコンヘリコプターも!

実は,オーナーさんのラジコンは、このラジコンヨットは第二弾で、以前より温めているものがある。

それは、ラジコンヘリコプター。前回のクルージングに持って来られてましたが、ラジコンのコントローラーを忘れられて、マリーナ雄琴でデビューする事はなかった。

オーナーさんは、最近ヨットを早く走らせるための勉強をされているのではなく、このラジコンヘリコプターのホバリングの練習を日々されているようである。
また、このホバリング操作はラジコンヘリの操作の基本であるが、なかなかむずかしそうである。

このラジコンヘリのマリーナ雄琴デビューの日に撮影して、後日レポートさせて頂きます。





続きを読む

キルスイッチのワイヤー交換。これもハーバーに依頼して先週に完了済み

この2週間、参加クルーは少なかったが連続でセールングに出られたが、いい風に恵まれずに練習の予定が宴会艇化しており、2週間後の今年初のヨットレース参加に多少不安なオーナーさん。

と、勝手に想像してますが、昨年同様に気軽にいきましょう!!フォールディングペラに交換したので、昨年よりかは良い結果は出ると思います。(笑)



このブログを書きはじめてから、このブログネタになると同時に整備メモになると思いメンテナンス内容もかかさず書こうと思ってますが、書いていて感じる事がある。

昨年は、ほとんどクルーはヨットに乗っているだけでオーナーさんがいつもハーバーの方にお願いしていろいろと修理依頼をされていたので、この艇のメンテナンスに関して何も気にしてなかったが、こんな感じでブログに書いていると意外にも、細かな事がたくさんあるものである。


キルスイッチのワイヤー交換

3週間ほど前のクルージングでエンジンストップする時にキルスイッチを引っ張るのであるが、このスイッチが最近固くなって片手で引っ張れない!っとオーナーさんが言われた。
確かに両手を使って引っ張らないと引けない。

ハーバーに戻って、聞くと
「ワイヤーが腐食してきて固くなる。早い目に交換した方がよい」っと言われる。

なぜか?

よく固いまま使われている方もおられるようであるが、ワーヤーが切れるとまだよいが、強い力で引っぱりすぎてスイッチの取付土台のFRPを割ってしまう方もおられるそうである。
ワイヤーが切れると交換という簡単な修理で解決出来るのであるが、FRPが割れてしまうと大変なことになる。

switch


このような事を言われたので、早速キルスイッチのワイヤー交換を依頼し、その1週間後には交換完了。

この前のクルージングでは、キルスイッチは軽くなっていた。



エンジン始動関連で最近こんな記事を見つけたのでメモっておきます!

万一の場合に備え海上で始動ボタンを押しても始動しない時の緊急処置

実際のエンジンの写真
img_01


B端子にはキースイッチから細めのコード(グレーのコードに赤のスプレーで塗装)とバッテリーから極太のコード(黒)が来ており黒のキャップを被ってる。
S端子には押しボタンスイッチからグレーのコードが来ておりグレーのキャップを被ってる。

[手順]
1)リモコンハンドルを中立
2)キャビン内のメインスイッチをONにしてNo.1にする。
3)デッキの計器板にエンジンキーを差し込んで右に回してONにするーそうすると計器板の計器類の電源が接続され、油圧警報ランプとチャージランプの2個が点灯して、同時に警報ブザーが鳴るー
4)次に始動ボタンを押せばエンジンが始動する。
となれば正常なのだが、始動ボタンの不調でエンジンが始動しない場合は次のようにやる。(注:バッテリーの電圧が足りなくてセルが回らない場合はこれには該当しない。)
4’)上記3)の段階まで終えて(注:エンジンキーをOFFに戻さないこと)、警報ブザーが鳴っている状態でエンジンルームを開ける。
5)スターティングモーターのB端子に被せてある黒いキャップ(カバー)とS端子に被せてあるグレーのキャップ(カバー)を外す。
6)小型のドライバーを用意。大きすぎると周りの突起物にぶつかって端子間をうまくつなげないので、どのくらいの大きさが良いかあらかじめテストしておく。
7)ドライバーをB端子とS端子に押し当てて電気的に接続する。
img_02


この時ドライバーをB端子の上側とS端子の上側に当てようとすると接触が不安定になり火花が発生するので、ドライバーの先端をB端子の下側に当てたままドライバーの根元をS端子の上から下に押し下げるようにするとしっかり当たって良いと聞いた。
8)それでも多少は火花が出るかもしれないがあわててドライバーを端子から離さずエンジンが確実に始動するまで2秒ほど押し当てたままにしておく。

注:エンジンキーはOFFの状態でもB端子とS端子を接続すればエンジンは始動するが、その状態ではバッテリーにチャージしない。また、計器類の電源が入ってないので当然警報ランプは点灯せず警報ブザーも鳴らない。
従って、上記手順で首尾よくエンジンが始動したらエンジンキーがONになっているかどうか確認すること。エンジンが始動せず警報ブザーが鳴りっぱなしという状況に動転してエンジンキーをOFFにしてしまった可能性もある。
OFFになっていることに気付いたらエンジン始動後でも良いので必ずONにしておくこと。


上記の内容は、下記のサイトからの引用です。


満天☆の海-2
始動ボタン不調時の緊急対策

このサイトに詳細は、説明されてます。
続きを読む

ヨットで長命寺にうどんを食べに寄ったことが、とんでもない事に!

2011年2月19日にクルージングの報告。「3月6日のミドルボートクラブレースの練習でも」っと言う事で。。。
でも、当日3人でのクルージングになった。


天気が良いのでマリーナ雄琴に係留されている大型艇のセールが出ているのも初めて見た。

湖西の山々には雪があるものの、天気は快晴。風は、東の風3〜4ノットといった微風。
琵琶湖大橋の北まで機走したが、風は変わらず。

で、のんびりビールを飲みながらセーリング。

しかし、その後だんだん風はなくなる。
で、オーナーさんが「長命寺にうどん食べに行こか!」という事で機走で長命寺に。


長命寺では有名な長命寺そばの「いのうえ」がお休み!

ウキウキランランで長命寺参道の入り口にある「いのうえ」へ。
ところが、この通り。

20110219_0220110219_03


「都合により本日はお休みいただきます。いのうえ」

土曜日なのになぜ?

それで、近くで何か食べられるところがないか探索をする。



なぜか長命寺ヨット倶楽部の宴会の参加

ヨットを勝手に置いて近くの店に行くため、長命寺ヨット倶楽部にご挨拶をしてからと思い、クラブハウスに。

20110219_04_1


すると、宴会をされていて「まぁ入りな!」っと宴会にお邪魔する事に。

ビールを飲みながらいろいろとヨット談義に。。。
また、マリーナ雄琴のレース艇の方々とも交流があるようで、大変快くいろいろと教えて頂きました。

「mugenのオーナーさんとは電話でもよく話しているよ!」と、長命寺ヨット倶楽部の浜ちゃん

20110219_04_2

mugenのオーナーさんの「琵琶鱒」もこの浜ちゃんつながりか?


また、「いのうえ」さんの3軒となりの漁師さんのとこで佃煮まで手配して頂きました。

驚く事に、その佃煮と一緒にフナ寿司まで酒のつまみに食べさせて頂き、ますます帰れなく。。。。

結局長命寺でうどんを食べて帰りにセーリングの予定が、約2時間も長命寺楽しい時間を過ごしてしまった。

おかげで、機走でマリーナ雄琴に5時30分ごろに帰港。日没には間に合った。

20100219_10

もうすぐマリーナ雄琴。クルーがfacebookにアップした写真。


なかなか帰って来ないLagunaboysを心配してか、mugenさんが琵琶湖大橋のあたりまで、迎えに来て下さいました。
ご迷惑をおかけ致しました。


長命寺ヨット倶楽部
http://choumeiji.info/

長命寺ヨット倶楽部の名物 露天風呂

長命寺ヨット倶楽部の方々にいろいろとクラブハウス内を案内して頂きました。

ご自慢の琵琶湖と梅を見ながら入れる露天風呂。(?)

20110219_05


この通り、露天風呂の前に梅が開花していた。

20110219_06


こんな感じ長命寺ヨット倶楽部の方々は、毎週末クラブハウスで宴会されているようです。
また、お邪魔するかも知れませんが、よろしくお願い致します。


続きを読む

寛平さん、お帰りなさい!の特集されたヨットの雑誌 KAZI

昨日、事務所の近所のTSUTAYAの本屋さんに行くと、なんとヨットモーターボートの雑誌「 KAZI 3月号」が並んでいた。
確か以前この本屋さんで「KAZI ないですか?」と聞くと「置いてない」と言われた本屋さんなのに。

kazi_201103


最近のヨットの不人気が反映しているのか、本屋さんに毎月5日の発売日に行ってもほとんど見つつける事が出来ない。
京都のジュンク堂でさえ、毎月2冊しか入荷していないとの事。

ヨットモーターボートの雑誌「 KAZI 」

Laguna Boysのオーナーさんは、定期購読されているようであるが。。。。。

私も、立ち読みで十分なのですが。。。しかし、本屋に並んでいない。

そんな「KAZI」が近所の本屋さんになんと10冊ぐらい置いてあった。
たぶん、特集が「寛平さん、お帰りなさい!」であったからかもしれない?

で、早速立ち読み。。。。


走ることよりもきつかった!

寛平さんのアースマラソンの特集雑誌が多い中、「KAZI」はヨット専門誌だけあって、ヨット関連のコメントが多かった。

ダブルハンドで太平洋横断などされたが、マラソンと違いほとんどテレビでの中継がない。
多分、横でサポートすることも実際なかったのかも知れない。

この「KAZI」で印象に残った内容は、「走ることよりもきつかった!」のコメントであった。
ほとんどクローズアップされてない中、寛平さんは、

「練習中よりも怒られた!」
「コックピットがお風呂のように!」
「つらくても逃げるところがない」

こんな感じのコメントが、立ち読みにも関わらず今でも残ってます。


グアムから沖縄まで50フィートのヨットでクルージング?


私も以前あるオーナーさんにだまされて(?)グアムから沖縄まで50フィートのヨットに乗ったことがある。
それもヨット経験2年程度で。

「1週間ほど外洋をヨットにのってのんびりするのもいいよ!行かんか!」
「おもしろそうやね!行きます!」という感じで気軽に行ってしまった。

就航前に決められたことは、クルー12名の6名づつの交代チーム。その6名で、3時間おきに交代。
航行中「オールハンズ」と言われたら、休憩中であっても全員デッキに上がってくること!

この程度。。。。

で、グアムを出港すると、湾から外洋に出る迄は、夏の琵琶湖のように天候よし、風よしの気持ちのよいクルージング。
でも30分程度で外洋にでると、天気は快晴ではあるが、いきなり強風に2mぐらいの波の中、沖縄に向けて。

そして、その強風に荒波は止む事なく2日つづく。いつになったらのんびりとできるのか?話が違う。
こんな感じであった。

寛平さんがコメントしているように「コックピットがお風呂のように!」も経験した。
夜中の荒波の中、ヨットに横波を食らってしまうとコックピットは本当にお風呂のように水が一瞬でたまる。まるで沈まないのか?と思うぐらいに。

また、多分大丈夫と言われていた、「オールハンズ」も一度あった。

でも、レースでないため極力安全な方法がとられたので、クルーもそれなりに気が楽てあったような?

でも今思い出してみると、約5日間ずっと同じメンバーでヨットに乗っていると、結果としては楽しいクルージングであったのかも知れない。
でも、今誘われると、多分断ると思う。



続きを読む
SEO対策のご相談はレトロスタイル
Webビジネスでの売上アップのための
Webコンテンツ企画・運営と
京都のSEO対策コンサルティング
RETROSTYLE [レトロスタイル]

bnr_rs
さくらデンタルクリニック[矯正治療部門]
大阪で矯正歯科治療医院をお探しなら
天王寺駅近くさくらデンタルクリニック
矯正治療部門へ
さくらデンタルクリニック
事故車高価買取
事故車買取で車は売れます。
京都の日本カーレスキューへ
一度お電話で査定を!
日本カーレスキュー
記事検索
最新コメント
ギャラリー
  • ヨットも奇麗になって今週末はレース?
  • 2014 春のO.Y.C.Cup なんと4.3秒で優勝出来ず。。。。
  • 2014 春のO.Y.C.Cup なんと4.3秒で優勝出来ず。。。。
  • 2014 春のO.Y.C.Cup なんと4.3秒で優勝出来ず。。。。
  • 第16回 2013年秋のO.Y.C. Cup の「実施要綱」が公開されました。
  • 第16回 2013年秋のO.Y.C. Cup の「実施要綱」が公開されました。
  • 6月23日は、ミドルボートクラブあじさいレースに参加しました。
  • 6月23日は、ミドルボートクラブあじさいレースに参加しました。
  • 辛坊治郎さんのヨットで太平洋横断が宮城沖で浸水。「ヨットを放棄するしかない」との電話連絡
  • 辛坊治郎さんのヨットで太平洋横断が遂にスタート
  • 今年も第11回P&Bカップディンギーレース
  • ちょっとだけ、今週もメンテナンス。
  • ちょっとだけ、今週もメンテナンス。
  • ちょっとだけ、今週もメンテナンス。
  • ちょっとだけ、今週もメンテナンス。
  • ヨット磨きとメンテナンスの日。思わぬ発見、キールがじぇじぇじぇ!
  • 遂にスタンチューブを交換することに。。。。
  • 遂にスタンチューブを交換することに。。。。
  • ホワイトセールレガッタ 第1戦は、着順10位の修正7位
  • 今年もこの季節がやってきました。OYCの「ヨットで泊まろう会」
  • O.Y.C.のトロフィーに「Laguna Boys」のリボンが懸かりました。
  • 海上でのSOSは、118番
  • KOKOROで行われた先日のLagunaBoysのO.Y.C.cup 優勝の祝勝会
  • KOKOROで行われた先日のLagunaBoysのO.Y.C.cup 優勝の祝勝会
  • KOKOROで行われた先日のLagunaBoysのO.Y.C.cup 優勝の祝勝会
  • KOKOROで行われた先日のLagunaBoysのO.Y.C.cup 優勝の祝勝会
  • O.Y.C Cup優勝の感謝を込めて船底磨き
  • O.Y.C Cup優勝の感謝を込めて船底磨き
  • 第16回ヤンマーマリーナカップが今年も5月11日の土曜日に開催
  • 念願のOYC Cup優勝であのデカイトロフィーを。しかし。。。。。
  • 念願のOYC Cup優勝であのデカイトロフィーを。しかし。。。。。
  • 念願のOYC Cup優勝であのデカイトロフィーを。しかし。。。。。
  • 念願のOYC Cup優勝であのデカイトロフィーを。しかし。。。。。
  • 沖島へのお花見クルージング
  • 沖島へのお花見クルージング
  • 沖島へのお花見クルージング
  • 明日7日のBSCA第2戦「さくらカップ」は、開催が心配される。
  • いよいよ第15回 2013年春のO.Y.C. Cup の「実施要綱」が公開されました。
  • 2013年春の「マリーナ雄琴カップ」が今シーズンの初レース
  • 2013年春の「マリーナ雄琴カップ」が今シーズンの初レース
  • 2013年春の「マリーナ雄琴カップ」が今シーズンの初レース
  • 3月24日は、毎年恒例のマリーナ雄琴のクラブレース「雄琴カップ」
  • スキーショップ BUM SPORTS が3月末日で閉店
  • 2013琵琶湖&敦賀湾クルーザーレーススケジュール
  • 琵琶湖ミドルボートクラブ第1戦の「ニューイヤーレース」は、急遽エントリーをキャンセルに
  • 琵琶湖ミドルボートクラブ第1戦の「ニューイヤーレース」は、急遽エントリーをキャンセルに
  • 琵琶湖ミドルボートクラブ第1戦の「ニューイヤーレース」は、急遽エントリーをキャンセルに
  • 今週末は、今シーズン初めてのヨットレース「琵琶湖ミドルボートクラブレース」
  • KAZIの2013.2月号に昨年の竹生島ヨットレースのレポート記事が掲載
  • KAZIの2013.2月号に昨年の竹生島ヨットレースのレポート記事が掲載
LagunaBoys2011年度参加予定レース
2011/03/06(Sun)
  琵琶湖ミドルボートクラブレース
2011/03/27(Sun)
  マリーナ雄琴カップレース(春)
2011/04/24(Sun)
  第11回 春のO.Y.C CUP
2011/05/14(Sat)
  第12回ヤンマーマリーナカップ
2011/05/22(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第1戦
2011/06/26(Sun)
  琵琶湖ミドルボートクラブレース第3戦
2011/09/04(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第2戦
2011/09/25(Sun)
  第11回 秋のO.Y.C CUP
2011/10/09(Sun)-10(Mon)
  竹生島ヨットレース
2011/10/23(Sun)
  マリーナ雄琴カップレース(秋)
2011/11/13(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第3戦
2011/11/19(Sat)
  第13回ヤンマーマリーナカップ
LagunaBoys2011年度参加レース結果
2011/03/06(Sun)
  琵琶湖ミドルボートクラブレース
DNS(着順6位)(参加7艇)
2011/03/27(Sun)
  マリーナ雄琴カップレース(春)
4位(着順6位)(参加16艇)
2011/04/24(Sun)
  第11回 春のO.Y.C CUP
2位(着順7位)(参加23艇)
2011/04/24(Sun)
  2011年ミドルボート第2戦
2位(着順5位)(参加9艇)
2011/05/14(Sat)
  第12回ヤンマーマリーナカップ
4位(着順5位)(参加7艇)
2011/05/22(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第1戦
不参加
2011/06/26(Sun)
  2011年ミドルボート第3戦
6位(着順7位)(参加8艇)
2011/09/04(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第2戦
台風12号の接近に伴い中止
2011/09/25(Sun)
  第12回 秋のO.Y.C CUP
14位(参加21艇)
2011/10/09(Sun)-10(Mon)
  竹生島ヨットレース
13位(着順13位)(参加20艇)
2011/10/23(Sun)
  マリーナ雄琴カップレース(秋)
クルーザークラス2位(参加10艇)
2011/11/13(Sun)
  ホワイトカップレガッタ 第3戦
4位(着順7位)(参加26艇)
2011/05/14(Sat)
  第13回ヤンマーマリーナカップ
中止
FaceBook
プロフィール

Macky

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ